エコ洗剤を超えた安心安全な100%天然洗剤を使用!

洗剤を20年以上素手で使っていた為に起こった事

私は20歳の時から現在に至るまで、ハウスクリーニングやエアコンクリーニングの仕事を一筋で現在まで来ました。

その為、様々な洗剤を使って来ました。

始めて仕事を教えていただいた会社では、

社長から「手袋を使うな!手の感覚が判らなくなる!」と教わり、
現在でもその教えを続けて、いくら寒くても、手荒れしても、
素手での作業を続けて来ました。

その為でしょうか、洗剤に対して、とても敏感になってしまいました。

近くで、誰かが食器洗いの洗剤を使用するだけで、体が反応してしまいます。

(臭いで感じるのか、皮膚が反応するのかわかりませんが。。。)

風呂で当たり前のように使用する、カビ取り剤等は、最も激しく体が反応してしまいます。

冬、老人ホームに仕事で行けば、ノロウィルスを防止する為に、
次亜塩素酸を床に塗りますが、ツーンと感じてしまいます。

また、散髪店でシャンプーをしてもらうと、頭痛が非常にひどく、ふらふらになってしまい、散髪店に行くのが怖くなっしまいました。

病院で診察してもらった訳ではないですが、いわゆる化学物質過敏症ではないかと自分では思っております。

長年の洗剤を素手で使用している間に体の中に、洗剤の成分が蓄積したのでしょうか?

洗剤の界面活性剤は性質上、皮膚から体内に染み込んでしまう性質がある為、
体内に、洗剤の成分自体を吸収して、取り込んでしまうのです。
(皮膚から取り込む事を経皮吸収というそうです。)

多くの方に本当に安心していただく為に見つけた100%天然洗剤

洗剤の危険性を体で実感しているので、
本当に安心出来る洗剤を使いたいと、様々なものを色々と試して、やっとの事で
辿り着いて使っているのが、

石油から作られる化学物質を全く使わず、
天然の成分のみで作られた洗剤でエアコンクリーニングを行っております。

実は、この洗剤、朝鮮人参やびわ葉、アザミ、赤松やコラーゲン、コハクなど

色々な天然成分を抽出して作られているので、エコ洗剤の概念をはるかに超えた洗剤だと確信しております。

現在、エアコンクリーニング業界では、エコ洗剤を使う会社が増えてきていますが、
そのエコ洗剤の多くが、界面活性剤を石油系の成分から抽出した成分で生成された化学物質で作られている場合がほとんどです。

現在主流のエコ洗剤の定義は、従来のものに比べて泡切れがいいとか、洗剤の力が弱いという理由で、エコ洗剤と名づけられていて、
エコ洗剤の定義がはっきりとしたルールが定まっていないのが現状なのです。

当社では、人が生きる為最も大切な空気を管理するエアコンに使う洗剤なので、人、モノ、自然に対して優しい洗剤を選んで使わせていただいております。

気を付けて!間違った洗剤を使用するとエアコンが大変な事に!

エアコン内部には、温度を吸収する為にアルミフィン(熱交換器)が使用されていますが、従来の洗剤はアルカリ性の洗剤です。
アルカリ性はアルミを溶かす性質があり、
洗剤が残留してしまうと、アルミが溶け出し、ひどい場合、穴が空いて、エアコン自体の性能が落ちてしまう事もあります。また、洗剤が残留していと、長期に渡って、

有毒ガスが発生して、人体に悪影響を及ぼす危険も十分考えられます。
また、エアコンクリーニングで出た排水を中和してから流さなくてはいけないという程、強烈な洗剤を使用するケースもあります。

それから、洗浄する為にエアコンの本体に洗剤をポンプで噴きかけるのですが、
従来の洗剤の場合、周囲にいる方が咳き込む事があり、大変危険です。
洗浄中は危険なので、部屋から退出するようにお願いする場合もある様です。

エアコンクリーニングをお探しの際は洗剤の事も十分考慮して
安心安全な洗浄方法を検討してください。

当店で使用する100%天然洗剤は、一切アルミを傷つけない安心安全な洗剤です。
また、使用中、咳きこむ心配は一切なく、安全です。
家族の為にと依頼したエアコンクリーニングが、
逆に、家族に害を与えてしまう事の無いよう、十分注意してください。

エアコン完全分解クリーニングの最新記事